臨床検査技師

臨床検査技師とは医療機関で臨床検査を行う技術者の事で、豊富な知識と高度な技術が必要な、医療分野には欠かせない職業となっています。


臨床検査技師の資格は国家資格であって、年1回試験が行われています。


資格を習得する為の条件としては、医学部臨床検査技術科などの4年生大学か、臨床検査に係わる短期大学や専門学校を修業又は卒業することが必要となります。


他にも薬学部や理学部などで臨床検査に関わる一定の科目を取得していれば、受験資格が得られます。


臨床検査技師の仕事内容は、微生物学的検査や血清学、血液学的検査、超音波や心電図検査といった生理学的検査を、医師の指示に従って行うことです。


その他にも、医動物学的検査や病理学的検査、病原微生物の培養同定などを行う微生物学検査など、仕事は様々あります。


介もともとこれらの仕事は医師が行っていたのですが、検査の技術が進み複雑化してきたため、専門の臨床検査技師の需要が増えてきたとされます。


技師の資格試験に合格した後は、一般の病院への就職が多いようですが、検査を専門に行うセンターや一般のメーカーへの就職も行われています。


保健所や衛生研究所など、臨床検査技師が活躍する場所は多くあるのです。


ヘレナ ルビンスタイン
白髪染めおすすめ人気ランキング
アテニア

コンテンツ一覧

Copyright © 2012 いろいろな資格を紹介. All rights reserved